学生優秀発表賞

第10回 (平成28年度)
相原 光宏 (農工大院農)
マイコウイルスMoCV1-A感染がもたらすイネいもち病菌病原性変動の調査
東 夏希 (神戸大院農)
エンバクに対するコムギいもち病菌の非病原力遺伝子PAT1を保有するBACクローンの同定
板谷 知健 (名大院理)
機械刺激依存的イオンチャネルを介した防御応答の解明
市之瀬 玲美 (法政大植物医科)
プリムラ・ポリアンサ(Primula polyantha)に新発生したうどんこ病菌
亀井 美里 (近大院農)
キチン信号伝達系におけるMAPKKK5の活性化機構の解析
笹野 百花 (東大院農)
ファイロジェンとシロイヌナズナのクラスE MADS-box転写因子群の相互作用
塚田 淑仁 (東洋大院生命)
ヒスチジンキナーゼCcOS1遺伝子のnull変異がキュウリ褐斑病菌のジカルボキシイミドとフェニルピロールに対する圃場耐性を担う
津島 綾子 (東大院理・理研CSRS)
コアエフェクター候補遺伝子CCE1Colletotrichum属菌に保存され,細胞死を誘導する
濱田 健太郎 (農工大)
菌糸細胞破断法によるAlternaria alternataマイコウイルス高含量株及び欠損型dsRNA含有株の作出
水谷 行善 (名大院生農)
アフリカ産フザリウム属菌のウイルス様dsRNAの性状解析
八坂 亮祐 (佐賀大農・鹿児島大院連農)
カブモザイクウイルスの南アジアから東アジアへと続く拡散経路とその時期について
第9回 (平成27年度)
足助聡一郎 (神戸大院農)
シコクビエいもち病菌が保有する普通系コムギに対する非病原力遺伝子数の遺伝学的推定
五十嵐千佳 (岐大応生)
ネギ類の混植によるホウレンソウ萎凋病の抑制
磯部仁美 (名大農)
Epichloaeエンドファイトの遺伝的多様性獲得における疑似有性生殖の役割
井上健人 (近畿大農)
イネの免疫応答における OsPUB44 interactor1(PBI1)の機能解析
小川哲央 (明治大院農)
イネいもち病菌 Srs2 DNA ヘリカーゼの機能解析
小川真実 (京府大院生環)
Colletotrichum orbiculare species complexに属する炭疽病菌の細胞学的核型解析と宿主特異性の検討
神谷信孝 (名大院生農)
トマトから分離されたFusarium fujikuroiのジベレリン生産性と病原性
郷 由梨 (農工大・遺伝子)
シロイヌナズナの転写抑制共因子 TOPLESS とエチレン応答性因子の相互作用解析
志村拓哉 (岩手大農)
ラズベリー黄化ウイルスの ORF 1bの欠失変異株の異種ウイルスのRNAサイレンシングサプレッサーによる相補試験
白川友美 (近畿大農)
キチン信号伝達系における MAPKKK の活性化の遺伝学的解析
杉若侑治 (愛媛大農)
葉緑体タンパク質 THF1 の新規相互作用因子の探索
高橋佳奈 (京大院農)
HMG-CoA synthaseはRed clover necrotic mosaic virusの複製に必要である
谷口しづく (愛媛連大農)
ジャスモン酸応答性揮発性物質のイネ病害抵抗性における役割
千秋祐也 (鹿児島大院連農)
奄美大島におけるトケイソウ東アジアウイルス(EAPV)の集団遺伝学的解析
逵 瑞枝 (静岡大院創造)
Pseudomonas syringae IV群菌の系統と効果的な病原性試験法
対馬大希 (岩手連大・ 弘大農生)
ジャガイモやせいもウイロイド - ダリア株の可変及び右末端領域の塩基変異と病原性
煉谷裕太朗 (東大院農)
ファイトプラズマの膜タンパク質 P38 のMAM領域は昆虫宿主への接着に重要である
湊 菜未 (東大院農)
ファイトプラズマのエフェクター TENGU による植物の不稔症状誘導機構の解析
森 毅 (名古屋大理)
疾病防御応答の活性化による生長制御機構の解明
李 煥改 (東大院農)
Barley yellow mosaic virus VPg is the determinant for breaking barley eIF4E-mediated rym4/5/6 resistance
第8回 (平成26年度)
中山 航 (北大院農)
イネいもち病防除法の開発に向けたタンパク質間相互作用阻害物質のスクリーニング系の構築
近藤洋平 (名大院生農)
ベンサミアナタバコのジャガイモ疫病菌抵抗性に必須なSAR8.2mについての解析
林 優作 (北大院農)
ISSRマーカーおよびミトコンドリアDNA塩基配列によるMicrodochium nivale var. majusの遺伝的集団構造の解析
安達広明 (名大院生農)
MAPK-WRKY経路は抵抗性遺伝子に依存したNbRBOHBの転写活性化に関与する
加藤 優 (農工大院農)
日本国内で採取されたイネいもち病菌マイコウイルスMoCV1 の性状解析
西岡友樹 (岐大院応生)
ネギ属根圏の細菌叢の網羅解析と根圏由来Pseudomonas属菌のキュウリつる割病抑制活性
岸上隆介 (岩手大農)
ウイルスRNAのIn Vitro転写系を利用したリンゴ奇形果病と輪状さび果病樹からのウイルスの単離
鈴木春香 (北大院農)
クローバ葉脈黄化ウイルス 90-1 Br2 株のP3N-PIPO はエンドウPI 226564の致死性全身えそ病徴に関与する
白石拓也 (東大院農)
接ぎ木接種法によるJAX1抵抗性打破potato virus X変異株の単離
永井比加里 (京大院農)
ダイアンソウイルスゲノムRNA2の合成制御に関わる新規RNA因子
北沢優悟 (東大院農)
ファイトプラズマの病原性因子TENGUの機能領域と切断部位の特定
久保田雄貴 (静岡大院農)
Pantoea ananatis Group Iの病原性に関与する特異的遺伝子領域について
第7回 (平成25年度)
惠口 奏 (京大院農)
Germin-Like Protein (GLP) 遺伝子はNicotiana benthamianaにおけるRed clover necrotic mosaic virus (RCNMV) 感染に関与する
石井謙一 (東京農大農)
Microbacterium属細菌におけるトラシン解毒能の調査
桂馬拓也 (東大院農)
葉化症状を示すアジサイより検出されたCandidatus Phytoplasma asteris HY系統の分子遺伝学的解析
小嶋博樹 (名大院生農)
ベンサミアナタバコのSAR8.2はジャガイモ疫病菌抵抗性に必須な内生エリシタータンパク質である
村田暢明 (神戸大院農)
国際植物命名規約改訂に伴ういもち病菌の属名の再検討
佐藤有希代 (東北大院農)
キュウリモザイクウイルス抵抗性遺伝子RCY1の発現調節機構の解析
里本裕規 (佐賀大農)
単一圃場の罹病ダイコンから10年間以上にわたり採集したカブモザイクウイルスの進化速度の評価
田島由理 (京大院農)
Red clover necrotic mosaic virusの二分節ゲノムRNAは翻訳に異なる翻訳開始因子を用いる
竹田野土香 (北大院農)
キュウリモザイクウイルス2bタンパク質がタバコレトロトランスポゾンTto1の転写と転移に及ぼす影響
内堀美和 (東大院新領域)
タバココナジラミ中腸内腔から中腸外・血リンパへのトマト黄化葉巻ウイルスの移行はエンドサイトーシス阻害剤により阻害される
山田健太 (近畿大農)
OsCERK1を介したキチン信号伝達系におけるOsRLCK2の機能の解明
吉野香絵 (京大院農)
ウリ類炭疽病菌のCoPacCは侵入様式選択と付着器依存型の宿主侵入に関与する
第6回 (平成24年度)
足立達司 (東大院農)
1日で植物病原細菌を検出可能な高感度かつ簡易な液体選択培地の開発
赤松 明(奈良先端大バイオ)
イネ病害抵抗性におけるPRONE型GEFによるOsRac1活性化メカニズムの解析
早川豪人 (東大院農)
Beet severe curly top virusのC1はウイルス鎖遺伝子の転写活性化タンパク質である
兵頭 究 (京大院農)
植物プラスセンスRNAウイルスのゲノム複製における宿主small GTPase ADP-ribosylation factor 1の機能解析
岩井 涼 (東大院農)
ファイトプラズマ感染ペチュニアにおける花芽分裂組織決定遺伝子の発現変動
大津美奈 (名大院生農)
ベンサミアナタバコのジャガイモ疫病菌抵抗性に必須な核膜孔タンパク質NUP75の機能解析
岡田 亮 (農工大院農)
植物エンドルナウイルスに共通する二本鎖RNAゲノム構造の解析
柴田裕介 (名大院生農)
ベンサミアナタバコのPDR1を介したジャガイモ疫病菌侵入抵抗性に必須な抗菌物質の生合成系に関する研究
高尾和実 (鳥取大農)
病原性Alternaria alternataにおけるglobal regulator LaeAホモログの機能と病理学的役割
滝 文希 (岩手大農)
トスポウイルスゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターの3種トスポウイルスに対する干渉効果
竹内紗央里 (北大院農)
イネいもち病菌の非病原性遺伝子AVR-Piaの変異機構の解明
浦山俊一 (農工大院農)
イネいもち病菌弱毒化マイコウイルス(MoCV1)タンパク質の解析:ウイルス粒子構造タンパク質の組成変化と生育阻害能
矢崎恵一 (京大院農)
RNA3のコードおよび非コード領域の1塩基置換変異によってブロムモザイクウイルス(BMV)はDCL遺伝子欠損シロイヌナズナに全身感染する
用之丸哲也 (明治大農)
イネいもち病菌におけるジンクフィンガーヌクレアーゼによる相同組換えの誘導
第5回 (平成22年度)
荒添貴之 (明治大農)
ストレスおよび感染過程において誘導されるイネいもち病菌の体細胞相同組換え
濱田 聡 (奈良先端大バイオ)
活性型OsRac1は高分子量複合体(Defensome)を形成する
姫野未紗子 (東大院農)
イネいもち病菌ウイルスに対して働くRNAサイレンシング機構に関する解析
星 朱香 (東大院農)
植物の形態を変える病原性因子「TENGU」
稲見圭悟 (農工大院農)
トマト萎凋病菌新型レース3では非病原力遺伝子SIX4がトランスポゾンによって破壊されていた
柏 毅 (農工大院農)
キャベツ萎黄病菌はトマト萎凋病菌レース1の非病原力遺伝子SIX4を保持する
榧野友香 (名大院生農)
牧草共生菌Epichloë festucaeの低分子量Gタンパク質Cdc42の機能に関する研究
小島信子 (東大院農)
主要抗原膜タンパク質に対する抗体を用いたイネ黄萎病ファイトプラズマの検出
前島健作 (東大院農)
わが国に発生したウメ輪紋ウイルス(plum pox virus, PPV)の全ゲノム解読と系統解析
内藤良平 (北大院農)
JP-4 遺伝子型ジャガイモ疫病菌の遊走子のう発芽に対する温度の影響
西村幸芳 (大阪府大院生環)
野生株のキュウリモザイクウイルスはタバコ茎内の木部柔組織に存在する移行阻害を乗り越え効率的に全身感染する
大川篤史 (宇都宮大農)
Carlavirus属のORF6タンパク質は核局在性を示すが過敏感反応様症状はNicotiana benthamianaでのみ特異的に誘導する
第4回 (平成21年度)
青木菜々子 (農工大農)
Alternaria alternata mycovirus 1のウイルス様粒子を構成するタンパク質の生化学的解析
宮下脩平 (東大院農)
ムギ類萎縮ウイルスSBWMVの細胞間移行において隣接細胞で感染を成立させるウイルスゲノム数の推定
石山佳幸 (静岡大農)
カンキツかいよう病菌の病徴発現におけるテロメレースの役割
晝間敬 (京大院農)
EDR1はPEN2に依存しない非宿主抵抗反応を正に制御している
加藤亮宏 (農工大院農)
Talaromyces sp. KNB-422によるイネばか苗病生物防除メカニズムの解析
奥出祥子 (静岡大農)
Xanthomonas属細菌のエフェクター(AvrBs3/PthAファミリー)の抵抗性遺伝子Bs3プロモーター領域への結合解析
田中尊徳 (静岡大農)
Pectobacterium carotovorum subsp. carotovorum由来フラジェリンにおける細胞死誘導必須部位の決定
第3回 (平成20年度)
安夢楠 (京大院農)
レッドクローバーネクロティックモザイクウイルスRNA2の3' UTRに存在する二つの新規なステムループ構造はRNA2の複製に重要である
浅井秀太 (名大院生農)
リボフラビン合成は植物免疫応答に関与する
倉田智彬 (名大院生農)
メロンつる割病菌とイチゴ黒斑病菌の病原性を制御する相同な転写制御因子の同定
千秋博子 (東大院農)
Potexvirus属ウイルスによるRNAサイレンシング抑制能の比較解析
塩原泰樹 (岡大院自然科学)
Medicago truncatula アピラーゼ MtAPY1;1の機能解析
牛丸拓磨 (京都府大院生環)
アブラナ科野菜類炭疽病菌におけるアグロバクテリウム法による一重交差の相同組換えを利用した効率的な標的遺伝子破壊実験系の構築
第2回 (平成19年度)
平野恵美子 (九大院農)
Turnip mosaic virus (TuMV)との混合感染における蛍光タンパク質発現Cucumber mosaic virus (CMV)ベクター間の空間的移行動態解析
錦織雅樹 (北大院農)
トマトモザイクウイルスRNA 複製に関与するADP リボシル化因子様タンパク質の同定
八重樫元 (岩手連大)
リンゴクロロティックリーフスポットウイルス外被タンパク質の40番と75番のアミノ酸の組み合わせ(AとFまたはSとY)がウイルスゲノムRNAの蓄積に必須である
小倉里江子 (横浜国大院)
ウイルス遺伝子のキャップ非依存的翻訳に関与する因子群の探索について
石濱伸明 (名大院生農)
PPS8のサイレンシングはジャガイモ疫病菌に対する感受性を高める
小野澤真理子 (京大院農)
シロイヌナズナのPEN2遺伝子は、クワ炭疽病菌に対する非宿主抵抗性に関与している
玄康洙 (神戸大院自然科学)
ナシ黒斑病菌の貫穿菌糸における活性酸素種(ROS)生成遺伝子NoxAの機能解析
武田藍 (北大院農)
アズキ落葉病とアズキ萎凋病の抵抗性遺伝子の連鎖解析
関根健太郎 (東北大院農)
キュウリモザイクウイルス高度抵抗性を誘導する抵抗性遺伝子RCY1の高レベル発現
岩橋福松 (京大院農)
Spring beauty latent virus (SBLV)感染シロイヌナズナに誘導される全身えそ病徴の発現に関わるSSB1候補遺伝子の一過的発現による遺伝子機能解析
第1回 (平成18年度)
三木 慎介 (北大院農)
イネいもち病菌の非病原性遺伝子Avr-Piaのクローニング
北山 唯 (名大院生農)
メロンつる割病菌の栄養要求性変異株の病原性
パラダ ロクサナ (Parada Roxana) (鳥取大農)
Role of Destruxin B in the Infection of Alternaria brassicae
小林 光智衣 (名大院生農)
恒常活性型CDPKはNbrbohB依存性の活性酸素生成を誘導する
飯田 祐一郎 (名大院生農)
Fusarium oxysporumの胞子形成制御因子Ren1が制御する亜硝酸還元酵素遺伝子の胞子形成における機能
岩川 弘宙 (京大院農)
BYL in vitro翻訳複製系を用いたRed clover necrotic mosaic virus RNA1の翻訳と複製のシス因子の解析
草島 美幸 (茨城大農)
タバコの全身獲得抵抗性のアブシジン酸による抑制機構
厚見 剛 (北大院農)
エンドウにおけるクローバー葉脈黄化ウイルスP1/HCPro変異株のえそ病徴誘導の軽減とサリチル酸経路の活性化との関係
石井 佳子 (東大院農)
ファイトプラズマの宿主細胞接着因子ホモログP38遺伝子の発現解析
中山 健 (茨城大農)
イネ白葉枯病菌のtonB領域と病原性との関係について